いろいろな標準体重

体重を測る時には、自分の標準体重について知っておくと健康への意識づけが増します。

標準体重の算出方法はいくつかありますが、世界的に用いられてる方法がBMIです。

体重(kg)÷身長(cm)の3乗 × 10の7乗という計算式を用いる方法がローレル指数です。

ローレル指数が130になる数字が、標準的に体重であると見なされます。

標準体重を知る時にローレル指数を使う時は、学童期にある子どもに対して使われています。

ローレル指数を男女別に年齢的変化を比較すると、男女ともほぼ同じ値で幼少期から減少していきます。

女子の場合は中学生になる頃から次第に数値が上昇する傾向があるようです。

いろいろな標準体重

この他に、ブローカ佳変法という標準体重の計算方法があり、比較的よく知られているようです。

日本国内ではブローカ式佳変法という名前自体は知られていませんが、簡易標準体重計算法とされ、重宝されています。

算出方法は、(身長−100)×0.9とします。

更に簡単にして標準体重を算出する方法もあります。

男性の身長−110、女性は身長−105〜110をすることで標準体重を出せるため、瞬時計算ができるという方法です。

この方法は、体型的に身長が低い人に対しては適性な標準体重が出ないという欠点もあります。

標準体重にはいくつかの考え方があり、計算方法も複数あります。

(身長−50)÷2を標準体重とする加藤法や、身長−100をそのまま標準体重と見なす考えもあります。

記事メニュー

更新

2018/05/30
ページのトップへ戻る
FXをお探しなら